どの診療科に勤めるかで看護師の仕事は違う?転職先選びも重要?

看護師が病院や医療施設などで勤務する時、配属先は、とても重要な事柄です。
同じ病院で働く場合でも割り当てられる診療科によって、勤務時の作業が大きく違ってきます。
自分が志望していた配属先なら何もトラブルは発生しませんが、不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせないケースもあり得ます。
看護師として勤務していくうちにやはり辞職を考えることも少なからずあることと思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
ですから、私生活との折り合いも付けやすく離職率は断然低いのです。
重要な仕事で失敗してしまったり時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。
ただ、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいという風に思う日も多いです。
先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。
職場に勤めている看護師は、数万人いますが、それと比較して、看護の、資格を保有していながらも、就職していない人が五十万人以上いると言われています。
日本で4万人の看護師が足りないと認識されているので、ほんの少しの人でも就職できるようになれば、少しは改善できるように思います。
転職先で圧倒的に人気なのはこじんまりとしたクリニックやいわゆる町医者など。
こういったところは就業時間が安定しているのが魅力ですよね?大病院なーんかと違い業務がルーチンだし時計どおりキッカリ終わるし(笑)
看護師転職で高収入?東京都の給料相場を徹底調査!【平均給与は?】