住宅ローンの審査内容は甘い?

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。
但し、注意点があるので気をつけましょう。
一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。
一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。
安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。
またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。
住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。
とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。
親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、一例として110万円以上の援助を受けた時は、1割である11万円を税金として払う必要があります。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。
またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。
これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

住宅ローン審査甘いのは?【基準が甘く通りやすい銀行をご紹介!】